箱根関所開設400年と科人「お玉」ゆかりの地


 ご予約はココから

---コースご案内 半日コース(約6Km) ---

1.甘酒茶屋

江戸時代、箱根の東坂には9か所13軒の甘酒茶屋がありましたが、現在あるのは、畑宿と元箱根の中間にある旧街道沿いの1軒のみです。 

2.箱根石畳

延宝8年(1680)、幕府は巨費を投じ、従来の竹道を石畳の道に 改修しました。雨の排水路なども十分に考慮して設計されました。

3.お玉ヶ池

ホームシックのため関所破りをし、科人として処刑された「お玉」の首を洗ったという言い伝えのある池です。

4.権現坂

石畳の道を上り詰めると、芦ノ湖が見える一番景色の良い下り坂になります。箱根権現への別れ道があったことから、その名前がつきました。

5.箱根関所

2代将軍秀忠の時代に開設され、新居の関と並んで最も厳しく旅人を調べた関所でした。特に箱根関所は「出女」の調べに重点がおかれました。

6.箱根宿

伝馬制度制定後、17年後に箱根山越えの便宜を図る為に新設されました。関所の近くという特殊な環境下でしたが、今はその面影はありません。

ご予約はココから


ダウンロード
ここからご案内のチラシをダウンロードできます。お友達にご紹介ください
令和元年11月箱根宿チラ.pdf
PDFファイル 323.5 KB